福祉ネイリストの仕事に興味を持ったら、求人を探してみましょう。
求人先は福祉施設ではなく、出張元のネイルサロンが主となります。

「どこで探そう」 と迷ったら、ネイリスト求人が盛りだくさんの「アットネイルズ」を利用してみましょう。
スマホ一つで検索できる求人サイトなら、忙しい女性でも安心です。

福祉ネイリストの求人はどのくらいあるの?


インターネットでネイリストの求人を探してみると、非常に多くの募集を見つけることができます。
ですが、福祉ネイリストの募集はまだそれほど多くはありません。

「福祉ネイリストの求人を逃したくない!」
それならまずは、求人情報サイトへ登録することからスタートしましょう
登録しておくことで、気になる求人を見つけた時に、すぐ応募へうつることができます。

ネイリスト資格や、SMBA協会の福祉ネイリスト認定制度を持っているなら、直接交渉するという方法もあるでしょう
個人で仕事をする場合は、衛生面や安全面へ特に配慮を行い、責任もって施術するようにしたいですね。

意外に少ない?専業福祉ネイリスト


画像引用元:http://helpmanjapan.com/article/5598

福祉ネイリストとして活躍している方の働き方を見ていると、専業で福祉ネイルばかりをしている例はそれほど多くありません。
ネイルサロンで働きながら、福祉ネイルの予約が入っている日は施設へ行く。

個人開業しながら、福祉ネイルの時間はお店を閉じて出張するといった例も多いでしょう。
そのため、初めから「福祉ネイルの専門家に!」と意気込むより、経験を積みながら、定期的に呼んでもらえる施設を増やしていく、という道を目指すのが良いでしょう
丁寧な接客を心がけることで、口コミが広がり、新しい出会いへつながるはずです。

便利なお仕事紹介サービスを利用する手も!


画像引用元:https://nails.jp/lp/

ネイリスト求人サイト「アットネイルズ」には、お仕事紹介サービスがあります。
現役ネイリストである就職コーディネーターが、希望の求人を一緒に探してくれるため、より理想に近い職場に出会えると人気です!

「福祉ネイルを行っているサロンを紹介してもらいたい」という希望だけでなく、
「福祉ネイルと兼業できる職場に出会いたい」
「福祉ネイリストになる前に、年齢層が高めのサロンで接客を学びたい」
など、あらゆるお悩みに答えてくれるでしょう。

福祉ネイリストの現状や、福祉ネイルで人気のデザインなど、気になることがあれば何でも質問してみて下さいね。